上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
フェラーリ ホワイト プランシングホース キャップ レッド
 電気通信事業者協会は6日、携帯電話・PHS各社の平成18年度(18年4月-19年3月)の契約数を発表した。飽和状態といわれる中で業界全体は引き続き5・4%の伸びを維持したが、KDDIが全純増数(新規契約数から解約を差し引いた数)の半数を獲得して他社を圧倒した。昨年10月に始まった番号ポータビリティー(番号継続)制度による激戦を制したためだ。一方、昨年10月から旧ボーダフォン事業を引き継いだソフトバンクも3月の純増数は前年比倍増。さらに、イー・モバイルが13年ぶりに新規参入するなど、業界地図に変化の兆しが現れている。(谷口正晃)

 ≪番号継続制で明暗≫



 昨年10月24日から始まった番号ポータビリティーの恩恵を一身に受けたのはKDDI。ドコモとソフトバンクは転出が転入を上回ったが、両社の減少分はそっくりKDDIの利用者となった。

 3月、4月は携帯業界にとって最大の春商戦。昨年3月は、ドコモとKDDIがほぼ拮抗(きっこう)していたが、今年は倍近い差がついた。番号ポータビリティーでドコモが11万の純減に対し、KDDIは15万弱の純増。「新規加入は変わりないが、番号ポータビリティー分がプラス」(KDDI)、「番号ポータビリティー分がなければ…」(ドコモ)と明暗を分けた。

 KDDIは昨年、番号ポータビリティーに備えて、例年なら9月末~10月に発表する冬商戦用のモデルを8月末に前倒しで発表...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


デザイン、手頃な価格が人気です:ホワイトプランター/直径43cm”トーリルッサ”【送料無料】!


◆ホワイトプラン関連ブログ記事
携帯電話の料金は難しい! - わたしのブログ (5月13日17時34分)

今月の請求! - 広く浅い生活 (5月13日17時33分)

料金プラン、ホントにわからない! ソ... - 不都合な真実 (5月13日17時21分)

料金プラン、ホントにわからない! ソ... - そこに僕はいた (5月13日17時16分)

ホワイトプラン - 笑うどうでしょう with RoB (5月13日16時53分)

「小型かつ軽量」大日本印刷がサイフ... - ドコモのケータイ情報館 (5月13日16時28分)

順位 - Let It Rideネット情報 (5月13日16時3分)

料金プラン、ホントにわからない! ソ... - 性格ブスのつぶやき (5月13日15時50分)



◆ホワイトプラン関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

|05-13|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。