上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
2枚組天スパンブリーフ【自動車・恐竜柄】
■ 株式会社 構造計画研究所(本社:東京都中野区、資本金10億1,020万円、社長:服部正太)は、電子機器向け熱設計専用の熱流体解析ソフトウェア「FLOTHERM(フローサーモ)」(開発元:英国Flomerics(フローメリックス)Grp.社)の最新バージョンを販売開始しました。

今回のバージョンアップにより、FLOTHERMは、半導体・コンピュータ・通信機器・自動車などの電子機器の熱設計をより精度よく、より効率よく行える パワフルなツールになりました。今回の「FLOTHERMバージョン7」発売は、構造計画研究所のFlomerics社製品による売上拡大(今後1年で1億円を計画)に大きく寄与します。

■ 「FLOTHERM バージョン7」の目玉は、他のCFDソフトに類を見ない最適化機能が搭載されたことです。これまでのバージョンでは、ユーザがデザインパラメータの組み合わせを指定し、繰り返して使用することにより最適設計を導き出していたのに対し、新しく搭載されたResponse Surface Optimization機能を用いると、設計空間全体を3次元の面グラフに落とし込み、デザインゴールに対する各パラメータの相互作用を統括的に視覚化し、短時間で精度よく最適値を特定することができます。

これにより、設計の見識を深め、デザインパラメータの感度を見極め、さらに製造変数の効果を即時に査定したりすることができます。この最適化機能の適用としては、ヒートシンクの設計 、PCBコンポーネントの配置 、ファン/送風機の選択と通気の位置などの検討などが挙げられます。

■ その他の新機能としては、以下が挙げられます。
熱抵抗回路網
任意の熱伝導率をもつ熱抵抗回路網を扱うことができるようになりました。マルチチップモジュールのような内部密度レベルの高い半導体パッケージも、複数の熱抵抗を組み合わせることで、シンプルにかつ正確に表現することができます。 さらに、熱抵抗回路網の熱容量を定義できるので、モデルの過渡応答を予測することができます。

・ヒートパイプモデル
Smart Part(Webからダウンロードできるライブラリ機能)に、ヒートパイプのモデルが新たに加わりました。 小型化が進む家電製品で使われることが多くなってきたヒートパイプを、より詳細に取り扱うことができます。

・DXFファイルの取扱
2次元のDXFファイルをインポートし、ダイレクトに3次元モデルに変換する機能です。

これは特に、主要なEDAソフトウェアツールで作成されたプリント板における銅の配線パターン、パッド、およびビアを表すことに役立ちます。

・Visual Editor
Visual Editorは、これまで搭載されていたFLOMOTIONに取って代わる、まったく新しいポストプロセッサーです。これにより、連続視点移動を伴うアニメーションでよりリアルに流れや熱を映像化することができます。日本語のユーザーインターフェースがあります。

■ FLOTHERM 7は、以下の展示会でご覧いただけます。
第18回設計・製造ソリューション展 2007年6月27日(水)~29日(金) 東京ビッグサイト

■ FLOTHERMについて
FLOTHERMは、世界で最初に開発された電子機器向け熱設計専用の解析ソフトウェアです。チップ・PCB・ヒートシンク・ファン・穴あき平板など、電子機器に特化した機能やユーザーインターフェースと、100万セルのモデルを1時間程度で安定的に計算することができる高速ソルバーを持ち、半導体・コンピュータ・通信機器・自動車などの主要メーカーに導入実績があります。
FLOTHERMの製品情報 http://www.efd.jp/flo.html

FLOTHERMの開発元、Flomerics社は、構造計画研究所の投資先であるNika(ニカ) GmbH社(独、フランクフルト)を2006年6月に買収しました。これに伴い、Nika社製品の日本総代理店である構造計画研究所は、これまで販売していたNika社のEFD製品に加え、新たにFLOTHERMなどのFlomerics社製品の取り扱いを始める運びとなり、電子機器・半導体を始め、家電・通信・自動車・航空機などの業界において、製品の高機能化・高密度化・納期短縮の対策として有効な“熱設計”を実現するツールのラインアップを増強し、精力的にマーケティング活動および販売活動を行っています。

■ 構造計画研究所について
1959年設立。現在、ネットワーク、マルチメディア、情報通信、移動体通信分野から建設、製造分野に至るまでの広範かつ最新のIT技術を駆使したソフトウェア開発ならびにソフトウェアプロダクトを提供。さらにOR・シミュレーション手法を用いた工学・製造分野におけるコンサルティングサービスやマーケティング分野におけるコンサルティングサービスも行う。また建設・環境分野における数値解析コンサルティングサービスや建築・構造設計分野でも強みを発揮しており、様々な業界に対し、多様なソリューションを提供している。

■ 本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは、下記にお願いします。

株式会社構造計画研究所
〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
SBD営業部 マーケティング担当 川村 榮子
TEL:03-5342-1051/FAX:03-5342-1055/e-mail:eiko@kke.co.jp

または

株式会社構造計画研究所
〒164-0012 東京都中野区本町4-38-13
営業戦略部
広報担当 佐藤 仁宣(キミノリ)/松本 飛鳥
TEL:03-5342-1032/FAX:03-5342-1222/e-mail:kkeinfo@kke.co.jp

※構造計画研究所および、構造計画研究所のロゴは、株式会社構造計画研究所の登録商標です。その他の会社名及び製品名は、各社の商号、登録商標または商標です。


(引用 livedoorニュース)


無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット


◆自動車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

|05-21|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。