上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
SSK スーパープロシリーズ 川崎モデル SPP752:軟式
【PJ 2007年09月13日】- 今年初め、NTTの電話料金明細書と一緒に送られてくる小冊子「ハローインフォメーション」に「ユニバーサルサービス料」についてのお知らせがあった。かいつまんで言うと、NTT東・西日本は電話に加入している全国の消費者に「ユニバーサルサービス」(国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国区における提供が確保されるべきサービス)を提供する債務を負っているという。

 今までは採算が取れない山間地や離島などの赤字地域にこのサービスを提供するため、NTTのみが赤字分を負担していたが、携帯電話の普及などで固定電話の採算が昨年から悪化。コスト削減などの経営努力だけでは対応しきれなくなった。

そこで、今年の1月から固定電話、携帯電話、PHSなど電話サービスを提供する約50社の電気通信事業者も負担する事になり、かてて加えて一般の電話利用者からも電話回線1本につき月7円を徴収する事になったという。

 もしかしたら今もその7円の徴収の件をご存じない方もいるかもしれない。

 これを機会に毎月電話料金明細書を仔細に眺めるようになり、ほとんど使っていなかったIP電話にもかかっている事を発見し、即、解約した。また、プリペイド式携帯電話は2008年1月をめどに課金とあったが、今年の夏にソフトバンクのプリペイドカードを買ったら既に30円が引かれていた。

 全国民が等しく同じサービスを受けなければいけないのであれば、ADSLの料金なども全国同じにして欲しいものだが、私の住む地域では某社プロバイダー料金は東京での提供値段より1000円ほど高い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


パソコンも専用充電器も要らないUSB→家庭用コンセント充電アダプター


◆ソフトバンク関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ソフトバンク関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|09-19|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。