上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
基礎から学ぶAutoCAD2008 コマンド編
 NTTドコモは9月13日、HSDPA対応FOMA端末をPCと接続し、インターネット接続を定額で利用できる新料金プラン「定額データプランHIGH-SPEED」の導入を発表した。料金は最大で1万500円/月と、同じくPCからの利用でも定額利用が可能なイー・モバイルよりはかなり高いが、日本全国で利用出来る点を考慮すれば魅力を感じる人は多いだろう。

 定額データプランは最低料金と上限料金が設定されたいわゆるキャップ制のプランで、50万パケット(1パケット=128バイト/約61Mバイト)までが4200円、50万パケット以降は1パケットあたり0.0126円が加算され、100万パケット(約122Mバイト)以上は1万500円の定額料金になる。

定額データプランを利用したいと考える人の多くは、おそらく上限の1万500円に達するくらいのヘビーユーザーが多いだろう。100万パケットに収まるか大きくは越えないという人であれば、7770円/月(ファミリー割引適用後は5827円/月)で無料パケット通信量が120万パケット付いている「データプランL パケットプラス」でもカバーできてしまうからだ。

●定額データプランでは音声通話やiモードは使えない

 料金面で注意が必要なのは、まず定額データプラン対応プロバイダとして「mopera U」もしくは「ビジネスmoperaインターネット」を契約する必要があること。また定額データプランは単独で契約する必要がある料金プランであり、「パケ・ホーダイ」や「パケットパック」のように音声料金プランと組み合わせては利用できないことだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


携帯を豪華にデコレーションシール ソフトバンク ドコモ au【売り切り】


◆ソフトバンク関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ソフトバンク関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|09-22|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。