上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
ジャンヌダルク/D・N・A
 オープンソースソフトウェア(OSS)がもたらすメリットとしてあげられるのが、そのコストの安さだ。確かに、商用ソフトと異なり、初期の導入時でのイニシャルコストは安くつく。だが、その後の運用段階となると、当初の目論見は外れることになる。 企業が情報システムを運用する上では、何らかの障害が起きた際のサポートが必要になる。これはOSS製品であっても同様だ。もし社内にそうした人材がいればコトは簡単にすむが、そうした特異な人材がどこの会社にでもいるわけではない。となれば、SI事業者などからOSS製品に対するサポートサービスを購入せざるを得ない。 この段階になって、導入以後の運用まで含めた、情報システムの総所有コスト(TCO)という点で見たとき、OSS製品を商用ソフトと比較すると、それほど安くはならないという結果になってしまっている。

中にはかえって高くつくという事態もあり得るのだ。こうしたことが原因となって、この1~2年で、社内の情報システムにOSSを適用するのを躊躇するという企業が増えつつあるのである。 もちろん、こうした状況を変えようという動きも存在する。その中でも注目されているのが、Oracleのサポートプログラム「Oracle Unbreakable Linux」だ。このサポートプログラムは、Linuxディストリビューションベンダー大手の6割程度で購入できることから、Linux/OSS導入に二の足を踏むユーザー企業の態度を軟化させられるのではないかと見られているのである...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ケニアCTC紅茶 Kangaita 製茶工場 BP1 80g


◆ctc関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ctc関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|10-04|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。