上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
電動乗用カー★ビートルくん★♪ お子様向け アクセル式
◆トヨタの大衆車の韓国進出もいよいよ「秒読み」 大手自動車メーカーのトヨタも、日産の韓国進出を受け、韓国への進出時期を早める方策について検討しているという。トヨタが韓国に投入する車種としては、中型セダンの「カムリ」と準中型セダンの「カローラ」が有力だ。 一方、三菱自動車を輸入する予定の大宇自動車販売(株)は「早ければ来年下半期にも車を持ち込む計画」と話した。◆日本車、1、2年以内に国産車と内需市場で競争  来年末の日産や三菱自に続き、2009年までにトヨタまでも韓国に進出してくる場合、販売が大幅に増え、10年ごろには日本車の内需販売が年間4万−5万台を超すものと予想される。こうした場合、もはや日本車は輸入車としての扱いを超え、内需市場をめぐり韓国自動車メーカーと競争するようになるため、一部の国内メーカーに至っては市場から締め出される恐れもある。

 また、日産が来年、中小型SUVを発売する場合、ルノーサムスンが今年末に発売する予定の中小型SUV「H45」(プロジェクト名)とも発売時期が重なることになる。ルノーサムスンの「H45」は、日産の中小型SUVとプラットホーム(車の基本構造やエンジン、変速機など)を共有している。値段も両車種ともに2000万ウォン台後半(310万円以上)になることが予想されている。このように日本の大衆車販売が引き続き増える場合、国内メーカーの内需市場も一部で影響を受けるものとみられる。■インフィニティと日産  1989年に日本の大衆車メーカーのトヨタ、日産、ホンダは、北米市場の攻略に向け相次いで別途の高級車ブランドを立ち上げた。そして当時誕生したブランドが、それぞれレクサス、インフィニティ、アキュラ。現在、韓国市場には、高級車ブランドのレクサスとインフィニティ、そして大衆車ブランドのホンダだけが進出している。崔源錫(チェ・ウォンソク)記者

(引用 livedoorニュース)


自動車専用あったかブランケット


◆自動車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|10-15|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。