上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
通常価格:★48,000円★PATRICK ARNUAD メンズウォッチ ホワイトローマ PA-996-2G
あいにくの小雨模様となった9月29日・30日、日本科学未来館で国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)の東京予選大会が開催された。今年で15回目を迎える本大会は、バーチャルリアリティやロボットなどの、先端技術を用いたバーチャルリアリティコンテストで、学生の手作り感覚あふれる作品が激突するのが特徴だ。

会場となった日本科学未来館。企画展「地下展UNDERGROUND-空想と科学がもたらす闇の冒険」も開催されていた

また、会場では米シーグラフのエマージングテクノロジーズ部門に入選した作品の凱旋展示をはじめ、最先端のインタラクティブ作品を展示する「インタラクティブ東京」や、IVRC審査委員長・筑波大学の岩田洋夫氏が研究代表者を務める「デバイスアート展」も開催され、数多くの親子連れでにぎわった。



「バーチャルリアリティ」と「手作り感覚」は、互いに矛盾する印象を受けるかもしれないが、実際はそんなことはない。確かに高度なハイテク作品も存在するが、既存技術の組み合わせで新しい価値を創造することもできる。学生ならではのユニークな作品でも世界的な賞賛を受けられる、幅の広い分野なのである。IVRCで総合優勝を果たした作品は、米シーグラフへの渡航サポートが受けられる。それ以外にもIVRC発の作品が多数入選していることが、この分野の懐の深さと、日本の学生のレベルの高さを実証している。

またバーチャルリアリティ技術はテレビゲームにも隣接することから、フロムソフトウェアが協賛しており、審査副委員長にもセガでジョイポリスの運営に携わっている武田博直氏が名前を連ねている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


写真・絵葉書・メモが挟める!はさめるオリジナルマウスパッド(小型・ホワイト)【でんき1001...


◆ローマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローマ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|10-15|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。