上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
正規品★新品未使用★フェンディ ネクタイ★FENDI★011
【PJ 2007年10月14日】- フランス、イタリアは大分前に一度訪れたきりである。時として日本人とアメリカ人は正反対だと思う事がよくあったが、ヨーロッパの人々に関しては、アメリカ人よりはかなり日本人に近い気がした。それは日本と同じく長い歴史のある国同士という共通点から来るもののように私には感じられた。また、ジプシーの子どもの物盗りが横行していて、人種問題もあるのだろうが、パリやフィレンツェ、ローマは見た目には白人種が多く、古い建物や街並みもすばらしく、人々も穏やかで、統一の取れた美しい都市だという印象を持った。

 ヨーロッパをもっと知りたいと思っていたところ、この書をプレゼントされたので早速読んでみた。

著者は南仏在住で、スウェーデン国籍の男性と結婚、かつては日本でコピーライターをしていた経歴を持っているが、現在は版画家でこれが初めての著書である。特にこの本を書くために取材をした訳ではなく、いわば身辺雑記に比較文化論を取り入れた内容で、異文化に興味を持ち始めたばかりの方には面白い本かもしれないが、ある程度通じた人には物足りない感が否めない。私はこの本に『淋しいアメリカ人』のヨーロッパ版を期待していたのだが、それは期待はずれに終わった。私が感じたフランスやイタリアの男性とアメリカ人男性の違いはどこから来るのかという疑問にも答えは見いだせず、ヨーロッパ的思考の特異な点も見当たらず、むしろアメリカとの共通点が多いように思われた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


正規品★新品未使用★フェンディ ネクタイ★FENDI★026


◆ローマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ローマ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|10-19|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。