上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
DVD ジダン 神が愛した男
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000016-flix-movi
 10月13日から公開されている映画『キングダム/見えざる敵』で、常に冷静なFBI捜査官をタフに演じたジェイミー・フォックスが、この作品で提示されている"アメリカの現実"を語った。

「僕たちの国で、911という恐ろしいテロが起きた。でも、あのときに僕らが感じた恐怖と、日本の人たちが感じた恐怖は、まるで違うと思うんだ。すごく遠いところで起こっていたことだからね。どんなときでも、人が悲劇を見たとき、みんな自然と気の毒に感じる。そうだろ?」

 確かに、911が起きたあの日、われわれ日本人はブラウン管に流れる映像を、ぼうぜんと眺めているだけだった。

そしてジェイミーはこの日を境に、アメリカ国民は“外側の人間”から“内側の人間”になったのだと言う。

 「この映画のすごいところはまさに、そこにあるんだよ。僕が演じたロナウドは、どんなシチュエーションにも慣れているFBI捜査官で、爆発が起きても“爆発が起きた”で終わる。でもその爆発に、自分の親友が巻き込まれたことが分かったときに、それが他人事ではなくなるんだ。それは、まさに今のアメリカの姿だと思う。僕らだって911が起こるまで、世界で起きているテロや爆発を外側から見ている気分だった」

 ただ、“戦争”を外側から見ていたアメリカが、内側の人間となってしまった日。この映画のラストでは、衝撃的なセリフが、わたしたちに"終わらない憎しみの連鎖"という大きな課題を提示している...

ニュースの続きを読む


レアル サード 05-06 No.9ロナウド


◆ロナウド関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ロナウド関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|10-20|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。