上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
2003 SunSurf Special Edition サンサーフDRIFTWOOD SPORTSWEAR THE BOYS FESTIVAL
友情と愛情の間で揺れる少年たちの複雑な心情を描いた台湾生まれのほろ苦い青春映画「花蓮の夏」が、間もなく公開される。今年7月に開催された「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2007」の上映の際に来日した主演のブライアン・チャンとジョセフ・チャンに話を聞いた。

活発でお調子者ショウヘン(ジョセフ・チャン)と、物静かな優等生ジェンシン(ブライアン・チャン)は、小学校の時からの幼なじみ。高校生になってからも変わらずつるんでいた2人だが、心に暗い影を持つ転校生の少女ホイジャ(ケイト・ヤン)が現れたのをきっかけに、彼らの関係は微妙に変化していく。

本作が映画デビューのブライアンは、同性の幼なじみに密かに想いを寄せる少年に扮し、男性同士のベッドシーンにもチャレンジしている。

当時の心境を聞くと「ベッドシーンは本当に緊張したよ。どう演じればいいのか全然分からなかったんだ。とにかく何テイクも撮るのは避けたかったから(笑)、雑念を振り払って役のことだけ考えていた」と少々苦笑いしながら話し、それを隣で聞いていた相手役のジョセフも「撮影前に2人で『ああいうシーンはためらったらダメ。一気に済ませよう』と話して、本番は勢いで演じたんだ。でも撮影が終わって家に帰ってからも、しばらく何もできずボーっとしてたよ(笑)」

大緊張のベッドシーンについて話してくれた2人だが、同性愛を扱った作品に出演したことで、ゲイへの理解がより深まったのだとか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


wask★ワスクワスクwask■HappySet♪送料無料size90☆boys☆


◆boys関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆boys関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|11-20|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。