上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
低送料♪LED ソフトチューブ24cm ホワイト(白)♪超発光
Chuck Squatriglia
バクテリアを使って水素を生成するのに用いられる微生物電解槽(MEC)。右上が電源で、左上が水素モニター装置。ペンシルベニア州立大学の研究者らは、バクテリアを使って有機物質から水素を抽出する新手法を開発したと述べている。有機物質は、刈られた草から排水まで、ほぼすべての生分解性物質が利用可能だという。水素は、実質的に無尽蔵のクリーンエネルギー源と謳われることも多いが、これまで環境上のメリットはごくわずかだった。というのも、往々にして水素製造の過程で天然ガスを使用し、二酸化炭素を排出するからだ。新しい方法では、この難点を解決するように見える。11月13日付の『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)に論文が掲載されたこの新しい方法では、既存の技術を使って即座に実用化できるので、水素を実用的で持続可能な燃料に「格上げ」するものとして非常に有望だ、と研究者らは述べている。

「科学的なプロジェクトの段階を終えて、実現可能な技術になった」と、この研究を率いるBruce Logan教授(環境工学)は話す。「再生可能なあらゆる有機物から、水素を生成できる」大手自動車メーカーの多くは、水素と酸素を使って発電しモーターを駆動する水素燃料電池自動車について、控えめではあれ実験は行なっているという状況だ。さらに積極的な複数のメーカーは、すでに試作車を開発している。自動車メーカー、燃料電池研究者、運輸機関など34の組織による業界団体『カリフォルニア燃料電池パートナーシップ』(CaFCP)によると、現在107台の水素燃料電池自動車が、カリフォルニア州の路上を走っているという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


低送料♪LED ソフトチューブ24cm ホワイト(白)♪超発光


◆自動車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|11-25|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。