上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
ノースフェイス/ジャンパー/ダウンジャケット


総務省が次世代高速通信向けに、2事業者に2.5GHzの周波数の電波を割り当てる方針であるのに対して、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4陣営が過酷な争いを繰り広げていますが、朝日新聞社の報道によると、どうやらKDDI陣営が内定したそうです。

残りの1陣営はいったいどこになるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
asahi.com:次世代無線、KDDI陣営が確実に 残り1枠に3陣営 - ビジネス

この記事によると、移動しながらでも高速ネット通信ができる次世代高速無線通信について、総務省がKDDIや京セラ、Intelなど6社が出資する陣営に免許を割り当てることが確実な見通しとなったそうです。



ちなみにKDDI、ドコモ、ソフトバンクモバイルの3陣営は次世代高速通信規格として「モバイルWiMAX」を推進していますが、KDDI陣営には「モバイルWiMAX」を提唱したIntelが加わっていることや、すでに他社に先駆けて技術開発と実証実験を本格化させていること、Intelを中心とする国際業界団体「WiMAXフォーラム」を運営する15人の幹事の出身企業に、KDDIが日本の携帯電話会社で唯一名を連ねていることなどが評価されたとのこと。

なお、モバイルWiMAXは時速120kmで移動中でも使用可能で、1つの基地局がカバーできるエリアは1~3km、最大伝送速度は21Mbps。また、4陣営の中でウィルコムのみが現行のPHS技術を発展させた「次世代PHS」を推進していますが、こちらもすでに20Mbps以上の伝送速度を実現しているそうです...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


Superman Returns: The Complete Shooting Script


◆super関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆super関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

|11-26|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。