上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
Alchemy Goods【アルケミーグッズ】 AD BAG RED(PINK/MAR)【トートバック】 【1119_10周年2】
 【石垣】石垣市で戦前創業した「池村鍛(か)冶(じ)屋(や)」が八重山の各島独特の農具や漁具、包丁などを作り続け、農家などから人気を集めている。かつて鍛冶屋が軒を連ねた石垣市で店を構えているのは2軒ほど。常時店を開く池村鍛冶屋には、今も昔ながらの農具を買い求める人が後を絶たない。利用者からは「ここより上等なものはない」と評判だ。池村鍛冶屋の鍛冶は池村泰欣(やすよし)さん(59)。父泰任さんが約80年前に開業した鍛冶屋の3代目として昔ながらの工法を守り、金づちでたたき、すべて手作業で鉄製の道具を作る。作品は国立歴史博物館(千葉県)に納品されたほか、県立博物館民俗部門に展示された「ユーチ(鎚(つち))」「カナカ(金床)」「ヒバーシ(火箸(ひばし))」などの復元に協力してきた。


 池村さんが作るのは八重山の山ナタ「八重山ヤマンガラス」やくわ、かま、へらなどの農具から銛(もり)やアンカー、シャコ貝取りなどの漁具、水牛のくらまで。現在は廃車の板ばねなどの鉄を使用しているが、終戦直後は、鉄が不足していたため「投下された砲弾を持ち込んで『農具を作ってくれ』と頼む人が多かった」と池村さん。
 戦前から使う鉄製の扇風機が回る作業場で、火で熱した鉄に何度もユーチを振り下ろす。カーンと大きな金属音を響かせ、思い通りの形に仕上げる。すべてが決まる仕上げの焼き入れには全身全霊を集中。機械を一切使用しないため、自分の腕と勘だけが頼りだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ALCHEMY GOODS(アルケミーグッズ)/messenger bag/black-yellow


◆車 廃車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車 廃車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,

スポンサーサイト

|11-26|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

車 廃車

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

車 廃車

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。